赤ちゃんの便秘に砂糖水は効果ある?

赤ちゃんの便秘で与える砂糖水の効果についてまとめました。

 

そして気になる、
砂糖水を毎日与えるときの注意点&もっと効果的な方法
についてもお伝えしていきます。

 

昔から赤ちゃんの便秘には砂糖水

赤ちゃん 砂糖水 効果

 

砂糖水は昔から赤ちゃんの便秘解消に効果があるとされてきました。

 

これは「おばあちゃんの知恵袋」のように伝わってきたもので、正式に医学的な方法として広まっているものではないようです。

 

それでも原理から考えると、確かに便秘に対してある程度の効果は期待できるのかもしれません。

 

というのも、砂糖や果物の果糖などの糖度の高いものを体内に入れると、それを薄めようとして「浸透圧」というものが生じます。

 

人間の体のしくみはよくできていて、体液の濃度の薄いところと濃いところとが細胞膜などで隔てられていると、濃度を均一にしようとして薄いほうから濃いほうへと水分が移動します。これが浸透圧です。

 

赤ちゃんが便秘の時は、硬くなったウンチが腸の管の中で詰まっているような状態ですが、砂糖水などを飲ませることで腸内に浸透圧が作用し、水分が腸管内に呼び込まれて、便が軟らかくなると考えられます。

 

ウンチが軟らかくなることで出やすくなり、こうして便秘の解消につながるというわけです。

 

砂糖水の作り方と飲ませ方

赤ちゃんが便秘の時の砂糖水の作り方と飲ませ方を解説していきます。

 

使う砂糖は三温糖?てんさい糖?きび砂糖?

赤ちゃん 便秘 砂糖水

 

砂糖水の作り方ですが、まずは砂糖といっても色々な種類があります。

 

白砂糖に分類される上白糖・グラニュー糖・三温糖や、きび砂糖・甜菜糖(てんさい糖)など色のついた砂糖がありますが、どれが赤ちゃんの砂糖水に適しているのでしょうか?

 

これについては、どれも糖度が高くて腸内での浸透圧が生じますから、効果に大きな違いはないといえます。

 

白砂糖は精製過程でビタミンやミネラルが失われていますが、便秘解消の目的で使用するのならあまり関係はありません。

 

ただし、てんさい糖に関しては粒子が大きいため溶けにくいという特徴があります。

 

てんさい糖には、後から述べるオリゴ糖が含まれているため本来はお腹の調子を整えるのには良いのですが、砂糖水として与えるのには溶けにくいため扱いにくいというデメリットがあります。

 

湯さましに溶かすのが基本

 

作り方ですが、砂糖水は湯冷ましに溶かして作ります。

 

5%ぐらいの濃度が適当ですので、50mlの湯冷ましに対しては2.5gの砂糖の分量になります。

 

5g入りのスティックシュガーがありますので、それなら100mlの湯冷ましにスティック1本を溶かすということで作りやすいかもしれません。

 

5%程度の濃度であれば甘すぎるということはありませんから、時折与えたからといって母乳やミルクを飲まなくなったり、離乳食を食べなくなるという心配はないでしょう。

 

いつ?どのくらい?

いつ、どのくらい

 

砂糖水はいつ、どのくらい飲ませると効果が期待できるのでしょうか?

 

赤ちゃんに砂糖水を与えるタイミングとしては、水分補給としてお風呂上りなどが最適です。

 

哺乳瓶に入れて、人肌に温めたものを20mlから30ml程度の少量ずつ飲ませましょう。

 

一度に多く与えすぎると、今度は便が軟らかくなりすぎて下痢のようになってしまうことがあるため様子を見ながらです。

 

その後も、授乳に影響のないように1日に2,3回を目安に飲ませて、排便の様子を観察していきます。

 

砂糖水を毎日与えることの注意点

 

便秘になりやすい赤ちゃんには、砂糖水を毎日与えたほうが良いのでしょうか?

 

これについては避けたほうがよさそうです。

 

いくら甘さを控えめに作っているとは言え、毎日与えていると癖になる可能性が高く、母乳やミルクを飲まなくなる心配があります。

 

また更に心配な点として、まだ消化器官や排せつ器官の未熟な赤ちゃんにとっては、やはり少量とはいえ毎日砂糖を与えることは体に負担となる可能性があります。

 

特に腎臓や肝臓に負担をかけて体調面で好ましくない影響につながるかもしれません。

 

でも、便秘が続くことも健康面では良くないですね。

 

そのような場合に、赤ちゃんに毎日与えても大丈夫な理想的な飲み物があります。

 

それがオリゴ糖水です。

 

オリゴ糖水の効果がすごい!

赤ちゃん 便秘 砂糖水

 

赤ちゃんの便秘に砂糖水を与えることで一定の効果はあるかもしれませんが、さらにおすすめなのは砂糖の代わりにオリゴ糖を溶かしたオリゴ糖水です。

 

腸内環境を整えるオリゴ糖の効果

 

オリゴ糖は単なる糖分ではありません。

 

胃や小腸で消化吸収されにくく、大腸でビフィズス菌のエサとなる糖分です。

 

砂糖水の場合には単に浸透圧で硬いうんちを軟らかくする効果しかありませんが、オリゴ糖は腸内のビフィズス菌を活性化させる作用があります。

 

ビフィズス菌が活性することで腸内には乳酸など酸が増え、腸の働きを刺激して運動を活発にします。

 

その結果、便秘も解消されやすくなります。

 

また酸を薄めるために腸管内には水分が呼び込まれますから、便も軟らかく出やすくなります。

 

つまり、砂糖水との大きな違いとして、オリゴ糖には腸の働きを活発にする力があるということです。

 

腸の働きが活発になれば便秘を繰り返すことも少なくなっていきますよね。

 

ですから、オリゴ糖を与え続ければ、一時的に便秘が解消されるだけでなく、便秘になりにくい赤ちゃんになれるということなのです。

 

ただしオリゴ糖選びが大事

赤ちゃん 便秘 砂糖水

 

赤ちゃんの便秘に砂糖水よりもおすすめのオリゴ糖ですが、赤ちゃんに与えるものとしてはシロップタイプ(液体)のオリゴ糖は避けてください。

 

理由の一つには、シロップタイプのオリゴ糖には砂糖や水飴や食品添加物が混ぜられている場合があります。

 

これらは赤ちゃんの腎臓などに負担となりますし、甘さが毎日与えるのに適していません。

 

もう一つの理由は、シロップタイプのオリゴ糖は純度が低いという点があります。

 

純度が低いということは、それだけ多くの量を与えなければならず、継続的に与えるとやはり甘さがクセになって、母乳やミルクを飲まなくなる可能性があります。

 

それでは毎日与えられません。

 

純度の高い粉末オリゴ糖カイテキオリゴ

 

赤ちゃんに最も向いているのは、オリゴ糖のみが抽出された純度100%に近い粉末のオリゴ糖です。

 

そのようなオリゴ糖であれば、1日わずか1g〜3gで十分効果を期待できますし、ほぼ味を変えることがないので、湯さましだけでなくミルクに溶かして与えても大丈夫です。

 

純度の高い粉末のオリゴ糖は近所の店舗にはあまり置かれていませんから、入手するのは通販になります。

 

通販で最も売れている粉末オリゴ糖は、以下のカイテキオリゴです。

 

カイテキオリゴ公式サイト

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちら

 

カイテキオリゴは赤ちゃんの便秘に悩む親御さんや祖父母の皆さんから絶賛の声があがっている商品です。

 

なぜそれほど評価が高いのでしょうか?

 

カイテキオリゴの人気の秘密

赤ちゃん 便秘 砂糖水

 

カイテキオリゴの人気の理由の一つは、純度が高くて心配な添加物が含まれていないので赤ちゃんに安心して与えられるという点です。

 

そして、もう一つが効果の高さです。

 

カイテキオリゴの効果の秘密は、幾つものオリゴ糖がブレンドされているという点にあります。

 

実は粉ミルクの中にもオリゴ糖が配合されているものがあるのですが、1種類か2種類程度のオリゴ糖が含まれるものが多いようです。

 

カイテキオリゴには6種類のオリゴ糖が独自のEOS理論によってブレンドされています。(ラフィノース・ミルクオリゴ糖・乳糖・フラクトオリゴ糖・イソマルトオリゴ糖・環状オリゴ糖)

 

このように様々なオリゴ糖がブレンドされていることによって、様々なタイプのビフィズス菌を活性化することが可能となっており、それだけ便秘に対しての効果の高さにつながっているというわけです。

 

赤ちゃんの便秘というのは本当に心配ですから、カイテキオリゴで悩みが解決したお母さんの中には「思わず涙が出ました」「抱き合って喜びました」などのご感想を寄せる方も少なくありません。

 

カイテキオリゴなら毎日続けられる

赤ちゃん 便秘 砂糖水

 

カイテキオリゴは砂糖水とは違い、毎日続けるのに適しています。

 

そもそもオリゴ糖は母乳に含まれている成分であり、赤ちゃんとの相性はバッチリです。

 

砂糖水とは異なり、甘さがクセになる心配もありませんし、赤ちゃんの歯が生えてきても虫歯菌のエサにはなりませんから、虫歯になりにくい特徴があります。

 

何よりも、毎日続けることで赤ちゃんの腸を健やかに保つことができます。

 

腸は免疫力の源で元気のモトです。

 

カイテキオリゴなら毎日快便の元気な子に育ってほしいと願う親の皆さんの期待に応えてくれることと思います。

 

価格がネックに感じる方も少なくないですが、赤ちゃんの場合は1日1g〜3gで十分とされています。

 

カイテキオリゴは1袋150gの容量ですから、1袋で50〜150日間も赤ちゃんの元気を保ってくれるのですから、便秘で小児科に通院する時間やコストを考えると、費用としては安いといえるかもしれません。

 

公式サイトからお申込みされると、返金保証やお得な料金プランの特典があります。

 

カイテキオリゴについての詳しくは以下のボタンをクリックして公式サイトでご確認ください。

↓ ↓ ↓